ご案内

 ボランティア活動の支援を目的として平成10年12月1日に施行された,特定非営利活動促進法(いわゆるNPO法)の主旨にそった,下記概要の特定非営利活動法人「国際情報科学協会」が平成11年8月2日付けで兵庫県知事によって認証され,同8月4日に正式法人として設立致しました。

主な活動内容

 広く国民に対して,国際協力によって情報科学関連の新産業の創造に向けた支援活動に関する事業を行い, IT分野の発展に寄与することを目的として,マルチメディアやIT関連の研究,開発支援,一般の方々に対して啓蒙活動を行っています。また,大学等の研究成果に基づいて,IT分野の新産業の創出を支援し,さらに,そのために必要となるIT人材を養成しています。

主な活動実績

about01 当協会はITの啓蒙活動として,平成12年度から毎年,総務省の「情報通信月間」において情報通信に関する参加行事を企画,開催してきました。情報通信月間は,情報通信の普及・振興を図ることを目的に,全国各地で情報通信に関するさまざまな行事を行い,豊かで幸せに暮らせる社会を築いていく上で大きな役割を果たす情報通信について,広く市民の理解と協力を求めていくためのものであり,当協会の設立趣旨に合致した企画として,有意義な講演,展示を行い,これまでに大勢の市民に最新のITを体験,理解してもらってきました。
 また,種々のIT教材を作成したり,ITセミナーを開催して,広く市民にITの利益が及ぶように努めています。例えば,兵庫県災害復興公営住宅高齢者元気アップ活動支援事業として,災害復興公営住宅に住む高齢者に対して無料のパソコン教室を開き,高齢者が楽しめるように工夫したプログラムを実施して,ITを使う楽しさを知ってもらうようにしました。

活動の記録
平成14~ 総務省の情報通信月間参加行事をICTに関する啓蒙活動のため毎年企画・実施。
平成13~16年 HATS DSL試験センター(総務省関連)を運営。
平成17~19年 被虐待児童の早期発見,長寿社会に向けたコンテンツ,難聴児童に関する事業。
平成17,19年 兵庫県の災害復興公営住宅高齢者元気アップ活動支援事業を企画・実施。
平成18~20年 兵庫県のひょうご安全の日推進事業で災害時におけるICT利活用に関する事業を実施。
平成20~22年 ITネットワークのスキルアップ研修事業を実施。
平成20~ 姫路市立生涯学習センターにおける講座「情報化社会に生きる」を実施。

概 要

設立時期 平成11年8月4日
目  的 大学等の研究成果に基づいて,新産業の創出を支援する。
名  称 国際情報科学協会 (International Information Science Association:IISA)
理事長 平野 浩太郎(神戸大学,神戸芸術工科大学 名誉教授)
事 務 局 宝塚市逆瀬川2丁目7番31号 国際情報科学協会
Tel:0797-76-2300,Fax:0797-77-3402
e-mail:hirano@npoiisa.com
活動項目
  • 社会教育の推進を図る活動
  • まちづくりの推進を図る活動
  • 文化,芸術又はスポーツの振興を図る活動
  • 国際協力の活動
  • 上記の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡,助言又は援助の活動
事業内容 (1)特定非営利活動に係る事業

  • 情報科学に関するアイデアの創出
  • 情報科学に関する国内および海外の研究者・研修生の受入と指導
  • 情報科学に関する技術移転とベンチャー事業の育成
  • 情報科学に関する能力の相互活用の推進
  • 情報科学に関する教材の出版
  • その他必要な非営利事業


(2)収益事業

  • 情報科学に関する研究成果の販売ならびに流通に関する事業
  • 情報関連ハードウェアの製造販売
  • ソフトウェアの制作販売
  • マルチメディアコンテンツの制作販売